様々なソフトウェアを駆使し、高品質な商品をご提供致します。
複数台のハードウェアをご用意しておりますので、 同時に複数のデータ変換が可能です。
多種多様化している映像ファイルフォーマットにも対応致しております。
サービス一覧
お持ちの映像データを再圧縮し、
お客様の使用目的に合わせたファイル形式に変換致します。
データA→データB
例:AVI→MOV(QuickTime) 

お持ちのファイルのコーデックの変換や、
ファイル形式を変えずに容量を軽く致します。

データA→データA'
例:WMV10→WMV9
   
お持ちの映像データを、様々なメディアに書き出し致します。

データ→メディア
例:MOV(QuickTime)→HDCAM 
お持ちのテープやディスクの映像を、データに変換致します。

テープ→データ
例:HDCAM→MOV(QuickTime) 
対応ファイル形式一覧
AVI
AVI audio video interleave
マイクロソフト社が開発した音声付きの動画ファイルフォーマット。
CPU の能力に応じて、解像度やフレーム数を変更して再生する。
動画再生の際にフレーム数を保証していないので、解像度を優先するとフレーム数が落ちる。

圧縮効率が良く、インターネット上で広く普及している。
MOV(QuickTime)
MOV QuickTime
アップル社の開発による動画コーデック。ソフトウェアだけで動画データを処理する Macintosh 用 OS 上の機能だったが、現在は他機種にも移植され、QuickTime 自体がソフトウェアとして独立した。

QuickTime3.0 は MPEG4 の基本フォーマットに採用されている。
WMV
WMV windows media video
マイクロソフト社の開発による動画コーデック。
Windows 標準の Windows Media Player がサポートしている形式の一つ。ストリーミング再生にも対応している。

独自のコーデックを採用しているが、バージョン9 からは MPEG4 をベースにしている。
MPEG2
MPEG2 moving picture experts group-2
デジタル放送用、DVD などのハイクオリティ用動画音声圧縮コーデック。
走査線本数や圧縮の度合いなどによって、様々なフォーマットが存在する。
MPEG4
MPEG4 moving picture experts group-4
映像データの圧縮方式 MPEG 規格の一つ。当初は携帯電話や電話回線など、伝送レート 64kbps 程度の通信速度の低い回線を通じて映像のストリーミング配信を目的とした規格だったが、後に拡張されて、HDレベルの映像も扱うようになった。
画質・秒あたりのコマ数を変化させる可変フレームレートに対応し、また、動画を構成する画像を人物(物体)や背景、文字列などのオブジェクトに分けて、 それぞれ個別に圧縮をかけることができる。
MPEG4 の規格自体の規定は穏やかで、なおかつ技術的な追加が度重なっているため、同じ MPEG4 の規格でもコーデックやプレイヤーが一致していないと再生できない場合があるので、対応に関しては注意が必要である。
その他にも様々なファイル形式に対応しております。
お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ